バニラエアで気軽にお得に楽園セブへ

バニラエアならセブに気軽に行ける

バニラエア東京発セブ島ダイビングツアー

 エメラルドグリーンの美しい楽園セブ島は、フィリピンが誇る世界的ビーチリゾートの一つで、世界中のセレブリティを魅了しています。
バニラエアを利用すれば、そんなセブ島での休日を気軽に、しかもとてもお得にお楽しみいただけます。
バニラエアなんて、一度聞いたら忘れられないスイートな名前ですね。
創業は2011年、日本の格安航空会社です。
既に市民権を得ているLCCですが、やはり日本の会社ということで親近感もわきますね。
また、その安全性は信頼の厚い大手ANAグループの傘下ということでも確保されています。
その人気は国内の就航路線(東京から札幌や沖縄、奄美)だけでなく、国際線もどんどん増便していることでも明らかです。
国際線は就航都市は台湾の台北や高雄、香港、ベトナムのホーチミン、そしてフィリピンのセブなどアジアのリゾートや観光地と日本を結んでいます。
空を見上げると、可愛らしい黄色い機体が元気よく飛んでいく姿を見かけることも多くなりました。
  バニラエアの魅力は何と言ってもその価格と、それに見合うコストパフォーマンスにあります。
予約もホームページ上で、出発地、到着地と、日程を入力して検索すれば、すぐに価格とプランが表示されます。
しかも便利なのは、出発や到着日だけでなくその周辺の日程の価格も一気にわかることなのです。
フライトのプライスは相対的で流動的なものです。
同じ路線でも数日ずらすだけで、価格に大きな差ができますから、多少日程に自由が利くなら、行きたい日の周辺でもっともお得な価格を探しましょう。

バニラエアのエコノミーで北海道まで旅行に行きました

沖縄で生まれ育ったこともあり、雪を実際に見たことがないので、漠然と北海道に憧れを抱いていました。
高校の時は修学旅行先が北海道だったので楽しみにしていましたが、そのとき運悪く、インフルエンザにかかってしまいました。
そのため修学旅行を断然せざるをえず、泣く泣く諦めることになりました。
その後、関西にある大学に進学したので、大学が長期休みになるときは北海道旅行に行こうと考えていましたが、サークル活動や勉強が忙しく、時間に余裕がありませんでした。
そうしているうちに大学3回生になると就職活動をしなければならなくなり、旅行をしている余裕もなくなりました。
ただ就職の内定をもらい、大学4回生になって卒論を仕上げたら、ようやく時間に余裕が出るようになりました。
大学生でいられる時間は限られていますし、大学で仲良くなった友人と卒業旅行をしようと考えるようになりました。
友人たちは海外旅行にしようと提案してきましたが、自分は北海道旅行にしないかと提案しました。
絶対に反対されるだろうなと思っていましたが、実は友人全員が北海道に行ったこともなかったことがわかりました。
そして日本人として北海道に行ったことがないのも変だよという話になりました。
北海道は外国人観光客にとって人気の観光地になっていますから、日本人よりも外国人観光客のほうが北海道の魅力について知っているのは悔しいということになったからです。
そこで全員一致で卒業旅行の行き先は北海道に決まりましたが、問題が起こりました。
それは卒業旅行に参加するメンバーのうち、二人が高い旅費は出せないということでした。
彼らはアルバイトをしていたのに、もうすぐ社会人になるから車は必須だということで、車を購入してしまったためでした。
そのため手元に残ったお金は少ないので、旅費をできるだけ安くしたいということでした。
学生なので豪華な旅行よりも貧乏旅行の方が楽しいだろうということもあり、とにかく一番旅行の中で費用がかかる、交通費と宿泊費を抑えられるようにしようと考えました。
自分が北海道旅行を言い出したということもあって、自分が交通費と宿泊費を安く抑えられるところを探すことにしました。
その結果、さいきんは日本でも格安航空会社が参入しているので、かなり安い航空チケットがあるということがわかりました。
本当は出発直前に座席に空きがあれば、かなり安い金額で飛行機に乗ることができますが、みんなで旅行に行くので偶然の空きを頼るわけにはいきません。
そこで格安航空会社を中心にして航空チケットを探したところ、バニラエアの函館行きが片道で5000円以内という格安だということがわかりました。
エコノミーの席ですが学生には当然ながら十分な席です。
かなり前に予約すれば割引きになるということで、飛行機はバニラエアを選ぶことにしました。
そして宿泊先はカプセルホテルを選ぶことにしました。
カプセルホテルといってもしっかり個室があって、大浴場もあるので旅の疲れをしっかり癒すことができます。
予約を済ませて報告をしたら、みんなが旅費は安いにこしたことないと満足してくれたので安心しました。
旅行当日、バニラエアに乗りましたがエコノミー席とは思えないほどクッション性の高いシートで快適な旅をすることができました。
中で飲食するときは別料金になりますが、あらかじめ空港内で飲食物を購入していたので安く済ませることができました。
北海道といえども、やはり同じ日本国内なのであっという間に現地に到着しました。
外国人観光客野数は確かに多かったのですが、それに負けないくらい日本人観光客も多くて、北海道は魅力のある観光地だと実感しました。

バニラエアならセブに気軽に行ける搭乗プランは3つコミコミプランなら座席選択可能セブでの目玉はジンベイザメウォッチング♪